循環型保育園をめざして
 平成19年度から、理事長所有の畑約0.3ヘクタール(3,250u)をみいづ農園として解放し、農務員さんに年間を通して給食材料を栽培していただいています。
 野菜の供給以上にその目的は、子どもが生活する目の前で、野菜などが生長する姿を見せること、また生長のために必要なもの(土、水、太陽、肥やし)、生長を取り巻く環境(草、虫、生態系)を体験的に知ること、収穫のよろこび、感謝の気持ちを育てること、にあります。
 19年度は、年長年中児が今日の給食に必要な野菜を採りに行くことのみでしたが、20年度はもっと畑を舞台に保育しようということになり、登園してからの1時間、全園児が畑へ行って遊んだり収穫したりするようになりました。
 畑でどんなあそびをみつけ、何を発見するかは子供集団の自由に任せていますが、関わる保育士たちは、毎月の月案で、ねらいに沿った環境設定を行います。
 畑には飼育動物(犬、アイガモ、チャボ)も住んでいて、動物と一緒に遊ぶのも畑へ行く楽しみです。年長児は毎日半分の子が動物当番です。動物当番の子が、年下の子がいる中で、年長児らしく責任を果たすよう習慣づけています。


循環のすがた

 給食室の残飯や野菜くずは、ほとんどが動物の餌になります。
→ 動物の排泄物は、枯葉などと一緒に堆肥置き場へ。
→ 堆肥はみいづ農園の栄養源。農務員さんが管理してくれています。
→ みいづ農園の土は、ミミズやもぐらなどの小動物が耕し、虫たちのすみかにも提供しています。
→ 化学肥料や農薬を使用しないので、生き物の楽園です。それはつまり、子ども達の楽園でもあるのです。
→ 意識的に草を残し、石や枝を積み、虫たちの天敵も招き入れ、生態系を維持しようとしています。 
→ 生態系が保たれれば、作物にとっても害虫や病気の被害を抑えることができます。
→ こんな健康な土から育った作物は、おいしくないわけがありません。
→ 子ども達は、日々生育する作物の間で遊び、実りを発見し、「たべたーい」と言います。
→ 食べたいときがおいしいとき。自分で食べたい野菜を採り、塩をつけて食べています。
→ 給食室からも、今日の献立で使う野菜を依頼するカードをつるしておき、気づいた子がカードを下げて、畑へやってきます。給食中、「この大根は私がとった大根」など自慢しながらおいしくいただいてしまいます。
→ 「いただきます」「ごちそうさま」の前に「かみさま、おとうさま、おかあさま、おいしいごはんをありがとう」と言って、今はまだ分からないかもしれませんが、感謝の言葉を唱えます。
→ 全保育室には水槽があり、魚を飼っています。また園庭にはアイガモや犬やウサギがいます。
→ 自分のおなかがすいた時は、魚や動物もおなかがすいたかな?と、思いやれる子になってほしい。
→ 給食の一部を残して、動物にもおいしいものを分けてあげます。
→ 食べることと排泄することは生きていく上で同等です。
→ 現代の世の中は、排泄や排泄物が「汚い」ものとして見えなくしていますが、動物の姿や物から、「排泄」を知ってほしいと思います。
→ 「糞」はまた、動物の「死骸」などとともに、土に還ります。
→ 土は全ての有機物を呑み込み、また新たな命を育みます。
→ 私達人間もこの循環の中で例外ではない、ということを、
→ 毎日畑で遊ぶ中で体で、心で、感じ取ってくれればいいと、願っています。


 



社会福祉法人神苑福祉会みいづ保育園