保育士募集のお知らせ

みいづ保育園では、平成30年度4月から勤務できる保育士さんを募集しています。当園の特色は、子どもの主体性を尊重した、自然を中心とした保育ですので、自然の中で子どもと活動することの好きな方には適しています。保育は、年齢別を基本としながらも子どもの動きの中で異年齢活動もあります。目指すところは、「自分で考え行動する子ども」「意欲と思いやりがある子ども」です。保育活動の始まりは環境構成から、というカリキュラムに則り、保育士はそれぞれ自然、造形、言語、音楽、運動あそび、食育の各コーナーから一つずつ分担し、指導計画に従い環境を準備します。季節毎の様々な遊びが環境設定された中で、子ども達は興味を持ったところで遊びを始めます。保育士は、夢中になって遊ぶ子どもの時間を保証しつつ、遊びが更に発展するためのヒントを投じたり、関心のない子が面白そうだと思える働きかけをしたりと、個々それぞれの経験が深まるような関わりをします。

 また当園では、食や生活習慣の確立にも積極的に取り組んでいます。それは、「自分で考え行動できる子ども」の基礎として、是非幼児期に身につけておきたい部分だからです。本物の味覚を「美味しい味」と記憶することは、生涯本物を選ぶ人になることでしょう。また好き嫌いなく、きれいな姿勢で残さず食事をする生活習慣は、なるべく幼い頃から身体で覚えなければ身に付かないでしょう。根底にある自然や人への感謝、思いやりは、保育士の背中や、様々な自然体験、小動物との共生などの保育生活を通して育っていきます。

 また当園では少人数制を採っており、担任していただくひとクラスが10人前後となっております。これは全国の標準が4,5歳児30人、3歳児1520人という状況から見てもとても手厚い保育が可能だということです。この人数だからこそ、一斉に保育士が指示を出して子どもを動かす保育ではなく、子どもが主体的に、11人の想いを発揮しながら成長できる保育が実現できるのです。

 保育士として夢を抱いている方、これからの保育のあり方を、是非当園で一緒に実践していきませんか。自信はなくても大丈夫です。保育に賭ける夢があれば、きっと当園で大きく成長していけるでしょう!目に留めていただいた方、ご連絡をお待ちしております。

電話 0553−3−6842 みいづ保育園 園長 日原瑞枝